事務所清掃はきついだけではない仕事

事務所清掃とはどんな仕事でしょうか

清掃の仕事として主なものは事務所清掃、病院清掃、特殊清掃、ハウスクリーニングといったものがあります。それぞれ仕事の内容は違い、特殊なスキルや知識が要求されるものもありますが、特別な資格が必要のない場合が多い仕事です。

汚れた場所をきれいにするという達成感があります

一般的に清掃の仕事は3Kと言われ、全身を使う仕事なのできついというイメージがあるかもしれません。確かに重い掃除用具を持ったり、ごしごしこするのは力が必要で体力を使います。でもかなり汚かった場所がきれいになるという達成感は気持ちが良いことです。
事務所清掃の仕事内容ですが、毎日使っているうちに溜まる汚れ、これを放置しておくと建物内の環境が悪化し、病気や感染症などのリスクも高まってきます。それを防ぐために行う仕事です。
快適な空間で仕事をすることにより、生産効率が上がるというメリットも考えられます。
特別な資格は必要のない仕事ですが、ビルクリーニング技能士という国家資格もありますのでキャリアアップを目指している人にもお勧めできます。

汚れや場所に合わせた清掃方法

清掃を行う場所ですが、床、壁、天井、ドア、トイレや給湯室など室内清掃、外壁や屋上、ビルの外周などの室外清掃に分けられます。それぞれの場所や汚れによって掃除道具、洗剤などを選び作業します。
清掃用具には各種洗剤、ワックス、ダストモップ、ポリッシャーなどがありそれぞれの場所に合わせた方法を選び使用していきます。事務所清掃の汚れは手あかや水、土砂、ほこり、尿石などが色々なものがあり完全に取り除くことが求められています。ただ清掃用の洗剤は家庭用のものより強力ですので取扱いには十分な注意が必要です。
また事務所清掃の場合人がいない時間帯に仕事をする事が多いので、早朝や深夜の仕事が中心になります。慣れるまでは生活リズムの調整が必要になります。

清掃の仕事のメリット、デメリット

事務所清掃は需要が多いため未経験でも誰でも採用されるというメリットがあります。ひとりで黙々と作業をする場合が多いので、人と接するのが苦手と言う人にも向いています。でも収入面では給料が安いというデメリットもあり将来に不安を感じる方は離職する傾向があるようです。いくら仕事とはいえ、汚れの処理がきついなど体力的、精神的な辛さと見合っていないと考える人も多いようです。
それでも洗剤の使い方やカビの落とし方など実生活で役立つスキルを身につけることが出来る、汚れた場所をきれいにすることで達成感を感じる、きれいにすることで感謝されるなど魅力ややりがいを多く感じる仕事でもあります。
清掃をすることで気持ちよく生活できる環境づくりに貢献できるのではないでしょうか。

No comments.